Congenital Anomaly Research Center
Kyoto University Graduate School of
Home pageMemberHistoryWhat we doAccessPublications
What We Do?

当センターについて

一個の受精卵が増殖し分化して、有機的な構造と機能をもった体ができるまでのプロセスには、神秘的ともいえるドラマチックな変化が次々と起こります。この現象を「発生」(Development)、それを研究する学問を「発生学」(Embryology)または「発生生物学」(Developmental biology)といいます。

実験動物では様々な知見が得られていますが、当然のことながらヒトで実験することは不可能です。

当センターには、ヒト胚子数万例が所蔵されており、重要な症例については、固定された後、連続切片として保存されております。これらを組織学に検討することで、動物実験で得られる知見にさらに新たな情報を加え、発生現象を解明する手助けになるものと確信しております。

これらの研究をさらに発展させるために、若く熱意ある研究者を広く募集します。

研究内容

基本的には研究者の皆さんの希望に沿いますが、標本を著しく傷つけるようなことは避けてください。ちなみに現在進行中のものは

1. ヒト胚の形態発生に関する三次元データベース( 科学技術振興機構(JST)「バイオインフォマティクス推進事業」*平成17〜22年度まで) 成果ホームページはこちら→Kyoto Human Embryo Visualization Project

  1-1:ヒト胚子のMR imaging(筑波大学物理工学系NMRイメージ研究室 巨瀬研究室との共同研究)

  1-2:ヒト胚子のEFIC imaging(本邦初となる新しいイメージング技術EFICを扱います)

  1-3:画像データベースの構築(MRIおよびEFICデータを用います)

2. 画像診断機器を利用したヒト胎児の解析

3. 三次元再構成を用いたヒト胚子の発生の顕微解剖学的解析(学生研究)

4. ヒト胚子のMR画像を用いた解析(京都大学大学院 医学研究科人間健康科学系専攻 高桑研究室との共同研究)

5. ヒト胎児標本形態データベースの構築(京都大学大学院 情報学研究科システム科学専攻 医用工学分野(松田研))

6. 医学教育を目的とした精密なヒト 胎児モデルの構築(胎児三次元モデル構築)と医学教材「Clinical Embryology」の作成(京都大学学術情報メディアセンター 美濃研究室)→京都大学知的財産登録済。
*当センター作成の教材「Clinical Embryology」のお問い合わせはこちら

7.位相CTを用いたイメージング(北里大学、日立製作所と共同研究)

8.組織切片のデジタルアトラス作り:数万枚の組織切片のデジタル化を進めております(科学研究費補助金・研究成果公開促進費(データベース)による)

などです。

 

アクセス

アクセスのページを参照してください。見学も歓迎しますが、医学・医療関係の方に限ります。研究生についても随時募集しています。

 

連絡先

〒606-8501 京都市左京区吉田近衛町

電話 075-753-4345  FAX 075-751-4621

このサイトについてのご連絡はこちらまで

Home Page | Faculty Staff | History | What we do | Access

Home pageMemberHistoryWhat we doAccessAccessPublications